浅虫地区で開かれた「軽トラ朝市」=2017年6月

 2016年春、みちのく銀行役員室。みち銀経営陣と浅虫温泉(青森市)の若手経営者4人の姿があった。「みちのく銀行として浅虫温泉を応援したい」。みち銀サイドのこの言葉に、経営者たちの腹が決まった。宿泊者の減少が続き、衰退が著しい浅虫温泉街の再生プロジェクトが本格的に始まった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)