日本貿易振興機構(ジェトロ)は12日、食品や地場産業の海外展開を後押しする本年度の「地域貢献プロジェクト」に、青森県を中心とした東北・北海道とルクセンブルクの果実酒産業交流など19件を採択した。青森県、岩手、宮城の3県と北海道のワイン製造業者を対象に、ルクセンブルクのワイナリーと交流し、技術向上や輸出入の増加を目指す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)