刑事告発のため、弘前署に入る増田法務指導監(左)と赤石部長=8日午後2時ごろ

 弘前市職員の個人情報が流出した問題で、市は8日午後、地方公務員として職務上知り得た市職員の情報をメールで外部に送り、漏らしたとして、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで、容疑者不詳のまま、弘前署に告発状を提出した。市は内部調査などからメールの送信者は「市職員か元職員」と断定。2017年度から現在までデータにアクセスできた担当課などの職員数十人が捜査対象になるとみられる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。