道の駅利用者に新メニューをPRする生徒ら

 青森県平川市碇ケ関の道の駅いかりがせきはこのほど、同市の高校生が考案した、つるがなかったり、小さな割れがあったりする「訳ありリンゴ」を使った料理や総菜の新メニューを試験的に販売した。全5品の提供数はいずれも目標の10食を達成し、12月23日から道の駅の定番メニューに仲間入りした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。