鮫神楽発表会で「番楽」をりりしく舞う中学・高校生
「五条橋千人切」で小西さんの肩に乗る畑中さん

 青森県無形民俗文化財「鮫の神楽」を受け継ぐ若い舞い手らによる恒例の「鮫神楽発表会」が8日、八戸市の鮫町生活館で開かれた。鮫神楽連中(細川清代表)、鮫神楽保存会(柾谷伸夫会長)の支援を受け稽古に励む小中高生に加え、大学生も出演。住民ら約120人を前に研さんの成果を披露した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)