オリジナルコロッケの試食アンケートを行う生徒=2019年11月、七戸町の道の駅しちのへ
特産の地元産ナガイモやカシスなどを使ったオリジナルコロッケ

 青森県七戸町の七戸高校食品科学系列の生徒が町特産のナガイモやカシスといった地元食材を使ったオリジナルコロッケ開発に取り組んでいる。2020年度で廃止となる同系列の2年生は「なくなってしまう(食品科学系列の)名前がついた形で全国に広まってほしい」と、行政、町内企業の後押しを受けて試行錯誤を続け、商品化を目指している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。