弘前市職員の個人情報がメールで流出したとみられる問題で、市は6日、内部調査の結果、メールのデータが市保有の内部データと同一と結論付けたことを明らかにした。何者かによって内部から持ち出されたとして、地方公務員法違反などを視野に、刑事告発に向け弘前署への情報提供を進めている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。