豊洲市場の初競りで1億9320万円で落札され、築地に運ばれた大間産のクロマグロ=5日午前6時55分、東京都中央区

 東京・豊洲市場(江東区)で5日、今年最初の取引となる「初競り」が開かれた。元号が令和に変わって初の実施。276キロの青森県大間産クロマグロが1億9320万円(1キロ当たり70万円)で落札され、記録が残る1999年以降では昨年に次ぐ2番目の高値となった。1キロ当たり単価も最高値となった。大間産が最高値を付けたのは9年連続。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)