日仏友好160年を記念し、7月にフランスで開幕する日本文化・芸術の祭典「ジャポニズム2018」の目玉企画「地方の魅力−祭りと文化」の概要が6日、明らかになった。五所川原立佞武多(たちねぷた)(青森県五所川原市)をはじめ阿波(あわ)踊り(徳島県)、よさこい(高知県)など日本各地の七つの祭り・踊りが10月、パリに集結。合同パレードなどを繰り広げ、多種多彩な日本の地方文化を発信する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)