サッカーのデュッセルドルフ国際ユース大会は2日、ドイツのデュッセルドルフで行われ、日本高校選抜が優勝した。準決勝でハダースフィールド(イングランド)を2−1で下し、決勝ではボルシアMG(ドイツ)に2−1で逆転勝ちした。田部井(群馬・前橋育英)が2試合ともゴールするなど活躍した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)