全日本柔道連盟(全柔連)は3日、ロシア・ジュニア国際大会(14、15日・サンクトペテルブルク)に出場する日本代表を発表し、男子100キロ超級は五輪王者の故斉藤仁氏(青森市出身)の次男、16歳の斉藤立(たつる=東京・国士舘高2年)が選ばれた。全柔連によると、国際大会への派遣は初めてという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)