2020年1月の運転開始を目指し、着工した太陽光発電所の敷地=2日、七戸町

 オリックス(東京)と、再生可能エネルギー開発などを行うシン・エナジー(神戸市)は2日、青森県七戸町卒古沢周辺の計48ヘクタールの敷地で、最大出力1万9631キロワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設に着手したと発表した。2020年1月の稼働を予定している。シン・エナジーが青森県でメガソーラーを建設するのは2カ所目。オリックスは初めて。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)