臨時総会の冒頭、あいさつする中野渡会長=1日、青森市の県総合社会教育センター

 昨年10月の国民体育大会馬術競技に出場した青森県代表の60代男性選手が、県体育協会から交通費の補助金を不正受給した問題を受け、県馬術連盟(中野渡利彦会長)は1日、青森市の県総合社会教育センターで臨時総会を開いた。理事でもある男性選手を除名処分とする議案は否決され、本人が提出していた退会届を受理する形となった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)