市政継続か刷新か−。1日告示された弘前市長選は、新人の畑山聡、桜田宏の両候補と、現職の葛西憲之候補が早速、街頭に繰り出し、中核病院構想やまちづくりなど、自身が掲げる政策を力強く訴えた。初日から他陣営に対する批判が出たり、3陣営がニアミスするなど、激戦ムードが一気に高まった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)