津軽こけし館で開かれた全国伝統こけし工人フェスティバルには大勢の客が詰めかけた=2017年10月、黒石市

 昨年10月21日朝。青森県黒石市の津軽こけし館は開館を待ちわびるこけしファン約120人の熱気に包まれていた。先頭の男性は「一昨日から並んでいる」。お目当ては30回目を迎えた全国伝統こけし工人フェスティバル。東北各地から集まった工人28人の直売会だ。来場者は販売開始と同時にお目当てのブースに駆け寄り、会場は数分でいっぱいになった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)