一人一人名前を読み上げて紹介され、拍手を受ける縄文是川ボランティアのメンバー

 春の観光シーズンを迎え、八戸縄文保存協会(栗村知弘会長)は5日、青森県八戸市是川の市埋蔵文化財センター是川縄文館を拠点に活動する「縄文是川ボランティア」の激励セレモニーを行った。出席した13人のボランティアガイドが、来館者を丁寧にもてなす決意を新たにした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)