模擬弾が埋まっているとみられる現場。掘った穴に大量の水が入り、回収を難しくしている。右は土地所有者の相内さん=28日午後2時ごろ、六ケ所村内

 米軍三沢基地所属のF16戦闘機が青森県六ケ所村内の民有地に模擬弾を落とした事故で、米軍は28日、模擬弾が埋まっているとみられる地点を掘削し、捜索作業を再開した。具体的な捜索が行われるのは11月18日以来約6週間ぶりだが、模擬弾は依然として見つかっていない。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)