砂糖や蜜あめなどを沸騰させた釜に栗を入れ、出来具合を確かめる従業員=27日午後、青森市問屋町の「たかのや」工場

 青森市を中心におやき屋「浅草焼」を展開する同市問屋町の「たかのや」で、正月に食べる「栗きんとん」の製造がピークを迎えている。27日も工場が甘い匂いに包まれる中、従業員が作業に追われた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。