再処理工場の審査状況について説明する増田社長

 日本原燃の増田尚宏社長は25日、青森市の青森地域共生本社で開いた会見で、六ケ所再処理工場の安全審査で年内に一通りの説明を終えられなかったことに対し「残念。年明けには全て説明できるよう対応する」と述べ、併せて最終補正書の作成も進めていることを明らかにした。3号施設を新設する低レベル放射性廃棄物埋設センターは来年1月にも最終補正書を提出する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から