六ケ所村の核燃料サイクル施設事故を想定し、避難計画の考え方を示した検討会

 青森県六ケ所村の核燃料サイクル施設で重大事故が起きた際の住民避難について、県は24日、基本的な考え方を示し、施設から5キロ圏の住民約3600人を村南部の倉内、千歳平地区に避難させることとした。住民の混乱を防ぐため、東通原発に関わる避難計画と同様、避難先を南方に統一した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から