弘前市職員の個人情報が流出したとみられる問題で、市は20日、刑事告発を視野に入れていることを明らかにした。市は内部調査を進めているが、現時点で外部からシステムに侵入した形跡はなく「限りなく内部情報の流出に近い」と判断。桜田宏市長らが記者会見で説明した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。