政府は20日午前に閣議決定した2020年度予算案に、北海道新幹線と貨物列車の共用走行区間に当たる青函トンネルで、20年度から時速200キロ以上で部分的に始める計画の高速走行について、速度や実施時期、時間帯をさらに拡大させるための調査・開発費として1億7800万円を新たに計上した。高速走行の拡大へ、貨物列車の在り方に関する調査費も盛った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)