皆様 こんにちは

週末は青森市も30度を超えてしまいました。
この時期に急に暑くなると、体が暑さに慣れていないせいか、いつもより疲れを感じますが、皆様方はいかがお過ごしでしょうか?

さて、少し前のことになりましたが、ウユニ湖へ行ってまいりました。
CMやテレビ番組などでご覧になられたことのある方も多いとは思いますが、実際、行くとなると本当に遠い場所でした。
青森から羽田、成田からダラス経由マイアミ、マイアミからラパス、ラパスからウユニへ乗り継いでいきました。
なぁ〜んだ、4回飛行機に乗れば着くんだ〜、と思われた方、青森から羽田は1時間20分、成田からマイアミまでが14時間20分ほど、マイアミからラパスが7時間弱、ラパスからウユニが1時間!
合計おおよそ24時間、しかも帰りも同じ分かかるんです。
南米は本当に遠いです。

でも、この景色を見てしまうと、「遠かった」ことも「高地で頭が痛い」ことも、みんな忘れてしまいます。

  
  
  
  

青森県よりちょっとだけ大きい面積を持つウユニ湖は、高低差が50センチを超えることのない「世界で最も平らな場所」。
雨期に降った雨が長年積み重なった塩の固い層により、地下に染み込むこともほとんどないため、地表に湖として現れます。
その果てしなく続く湖に、天候条件がマッチすると、あたりの全てを映しこみます。
それが「天空の鏡」。

夜は天気に恵まれなかったので、星空を写す機会はありませんでしたが、朝日も夕日も、素晴らしかったです。