3月30日、沖縄遊YOU塾は今日で4日目です。

渡嘉敷島とは今日でお別れです。

2泊3日お世話になった国立沖縄青少年交流の家を、朝食後にはもう出発します。

       

 
 

   
   
   
交流の家の朝の集いも今日が最後。朝の澄んだ空気、眼下に広がる海、朝礼、国旗掲揚、みんなでするラジオ体操、それらも今日で終わりかと思うと少し寂しくなりました。
   
   


  

      

    
3日間滞在した宿舎「さんご棟」。
   
    


    
        
交流の家を出発する前には、使った布団やシーツを整えたり、部屋や廊下、洗面所やトイレを最後にもう一度清掃します。
「発つ鳥あとを濁さず」、次にここに来る人のためにきれいにして帰ります。
  
   

  
   
    
出発前には退所式を行いました。交流の家の所長さんにお礼を言って、その後にバスで渡嘉敷港へ向け出発。
  
交流の家を後にしました。
  
    

     
    
      
そして渡嘉敷港から船で、来た時と同じ沖縄本島の泊港を目指します。
帰りの船は高速船です。
渡嘉敷島から泊港まで30分、あっという間の船の旅でした。
   
    
 >

    

   
        
沖縄本島の泊港へ帰ってきました。
   
でも、ここでもまたお別れがあります。
  
    
3日間一緒に過ごして下さいました沖縄の友達ともここでお別れです。
  
   

 IMG_11442.jpg   
        
エイサー、とってもかっこ良かったです。ビーチでのバーベキュー、とっても美味しかったです。一緒にゲームをしたり海で泳いだり、とっても楽しかったです。
      
たくさんの思い出をありがとう!!
   
   

   
   
最後は塾生全員が沖縄の生徒ひとりひとりと握手をしてお別れしました。
  
   

 

  
    
塾長も沖縄の生徒に感謝の握手です。
  
   

   
    
そして泊港では初日に案内してくださったバスガイドさんが待っていてくれました。

貸切バスに乗って、沖縄本島の北部観光、美ら海水族館へと向かいます。
    
     
     
まずは名護市のおきなわフルーツランドで昼食です。
  
   


   
    
昼食は沖縄名物のソーキそばを美味しくいただきました。
   
    

 

   
   
昼食の後にはフルーツランドの売店でおみやげのショッピングです。
 
お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃん、友達、自分用、
 
塾生たちは沖縄名産のお菓子や、沖縄限定のキーホルダーなど、たくさんのおみやげを買っていました。
   
   
   


  
   
    

そして、いよいよ美ら海水族館へと到着です。
 
ジンベエザメで有名な、沖縄の観光名所でもトップクラスの人気スポットです。
 
もちろん塾生たちもとても楽しみにしていました。
  
  
まずは記念撮影。バスは2台で観光していましたので、号車別に撮影しました。
  
1号車
   


   
   
   
2号車
 
   
   
   
   
そして水族館の中に入りました。とても大きくて広い水族館ですのでたくさんの種類の魚がいます。
  
  
  

 
 
でもやっぱりお目当てはジンベエザメです!

ちょうど運よくジンベエザメの餌付けを見ることができました。
 
ジンベイザエのあの大きな口で、オキアミなどの小さなエサを海水ごとがばっと飲み込む様子は、とても迫力がありました。

 


 
 
  
  
   
ジンベエザメを見た後は、美ら海水族館でもう一つ有名なイルカのショー「オキちゃん劇場」を見に行きました。
  
   

  
   
イルカの迫力あるジャンプに、塾生たちは大歓声をあげていました。
    
  

  




美ら海水族館を満喫した後は、今夜一晩泊まります名護市のホテルサンコーストにチェックインしました。
 
ホテルの入館式では、お世話になるあいさつと、ホテルスタッフの方からの注意事項などを聞きました。
 
 

  
   
   
ホテルのレストランで夕食です。種類も豊富なバイキング、美味しかったです。
 
交流の家の食事は、取っていいおかずの数まで決まっていた規則正しさでしたので、文字通りの食べ放題のバイキングはなんだか解放感を感じました。
  
  


  
   
   
    
早いもので、今日が沖縄遊YOU塾では最後の夜となりました。
 
何か特別な行事をと考え、ホテルの広場をお借りして、塾生みんなでキャンプファイヤーをしました。

でも遊YOU塾のキャンプファイヤーはひとあじ違います。伝統にのっとって、本格的なキャンプファイヤーです。
   
    
女神に扮した遊YOU塾スタッフがトーチに火を灯して現れ、塾生の代表に火を分け与えていきます。
  
    


 

  
  
遊YOU塾の女神から授かった火は、塾生たちの手を通じて、こんなに大きな炎となりました。
    
   

  
  
この後は炎を囲んで、歌ったり踊ったり、ゲームを楽しんだり、みんなでキャンプファイヤーを楽しみました。
   

     
    
この遊YOU塾の研修が終わっても、出会った仲間の友情の火は、いつまでも消えませんように。
   
   
      


    
    
   
(沖縄遊・YOU塾は名鉄観光サービス株式会社が旅行企画実施し、東奥日報旅行センターが企画協力をしております)