3月29日、沖縄遊・YOU塾は3日目の朝を迎えました。

渡嘉敷島、国立沖縄青少年交流の家の朝は早いです。
朝7時に宿泊者全員で朝の集いが行われ、国旗掲揚やラジオ体操をします。
 
 
 

 


 
 
朝食のあと、今日は塾生みんなが楽しみにしていた海洋研修へ出かけました。
 
 
 

 
 
 
交流の家からバスで20分ほど走ると、白い砂浜と青い海が広がるとかしきビーチへ到着です。
 
 
  
 

  
  
この海で今日は海水浴やカヌー、スーパーフロートなどのマリンスポーツに挑戦します。
      
     
海洋研修がんばるぞーっ!!


  
おーーーーーっ!!
  
  





研修前には海の管理人さんから注意事項の説明がありました。ルールを守って楽しい研修を!です。



 
  

海に入る前には入念に準備運動をします。
 
  
 


  
  

今日のとかしきビーチは天気は晴れ、気温23度、風もなく絶好のマリンスポーツ日和です。
   
  
  

小さな一人用のボート型浮き輪「スーパーフロート」。
泳いだり、波間にぷかぷか浮かんだり、塾生たちは初めて入った沖縄の海に歓声をあげていました。
 
 




二人乗りの小さなカヌー「カヤック」。
二人で左右の漕ぐ力を合わせないと真っ直ぐ進みません。
もちろん塾生たちはカヤック初挑戦、まっすぐ進む舟も、そうじゃない舟も・・・、自分で漕いで進むカヤックはとっても楽しかったです。
  
  





海洋研修の一番の楽しみは、20人乗りの大型カヌーです!
塾生たちが力を合わせてカヌーを漕ぎます。
遊YOU塾のカヌーはみんなの力で渡嘉敷の海の遊覧に成功しました。
  
  
  


  
  
 
マリンスポーツを楽しんだ後は、浜辺でバーベキューをしました。
バーベキューのお肉は沖縄の生徒たちが焼いて下さいました、ありがとうございました!
お腹も空きましたので、とっても美味しかったです!
  
  
  




天候には本当に恵まれ、塾生たちは渡嘉敷の海を満喫しました\(^o^)/サイコー!
  
   
   

  
   
沖縄の海に感謝です!!  
  
    

  
  
   
   
  
午後からは渡嘉敷島の平和学習をしました。
   
  
第二次大戦の沖縄戦の舞台ともなった渡嘉敷島。
島に住む戦争の語り部の先生から、戦争の凄惨さ、島民が集団自決をした歴史の悲劇を学びました。
塾生たちは真剣に、語り部の話に耳を傾けていました。
   
   
   

   
    
    
平和学習のあとは、サンドクラフトにも挑戦しました。
 
テーマは「渡嘉敷島での思い出をサンドクラフトにして残そう」です。
  
   
作り方は紙皿に文字や絵を下書きし、下書きの上に木工ボンドを引いて、ボンドの上に色とりどりの砂をかけて作っていくとても細かい作業です。、
   
    
    

  
   
     
塾生それぞれの個性が出る、きれいなサンドクラフトが完成しました。
    
    
   

    
   
  
    
今日も夕べの集い、夕食と規則正しく行事をこなし、夜にはレクリエーションでゲームやダンスを楽しみました。
   
   
   

   
    
     
レクリエーションの後は、明日でもう渡嘉敷島を離れますので、お世話になった宿舎の大掃除をみんなでしました。
   
   
   

 
  
   
   
渡嘉敷島での滞在も残りわずかです。
 
自然がいっぱいの渡嘉敷島の夜は虫の声だけを響かせて、静かに更けていきます。
   
   
    
 
明日は沖縄本島に戻って、美ら海水族館の見学です。
  
   
    
   
(沖縄遊・YOU塾は名鉄観光サービス株式会社が旅行企画実施し、東奥日報旅行センターが企画協力をしております。)