今年1年を振り返る齋藤支店長

 東北電力青森支店の齋藤光春支店長は19日、青森市内で開いた会見で、つがる市、鯵ケ沢町沖の洋上風力1事業を含む県内の風力発電3事業(合計出力約65万キロワット)に同社が出資参画すると発表したことについて、「事業化になれば地域に経済波及効果を提供できるだろう」との見方を示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から