津軽地域の二次交通を結びつけて観光客などにサービス提供するアイデアを発表する参加者

 黒石商工会議所(新岡常雄会頭)は10日、ワークショップ講習会「黒石の二次交通を考える~インバウンド世界No.1フランスの事例から~」を黒石市産業会館で開催。公共交通やそれ以外の交通手段(マイカー除く)をスマートフォンなどで一括して検索したり、予約や支払いも可能とする「MaaS(マース、移動のサービス化の意味)」と呼ばれる取り組みの国内外の事例を、市内外の30人余が学び、津軽地域の二次交通の利便性アップに向けた導入案を考えた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。