弘前市にある青森県護国神社。奉賛会の会員減少が課題となっている

 戦没者をまつる弘前市の青森県護国神社の事業の協力や経済的な支援をしている同神社奉賛会(青森市、山崎力理事長)の会員が近年、減少している。2008年度、約5千人だった会員は18年度には約3千人となった。奉賛会から神社への奉納金も減り、今後、同神社の維持に支障を来す可能性も出てきている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。