約4カ月ぶりに「纏(まとい)」の威容がよみがえり、後方の「歌舞伎創生 出雲阿国(いずものおくに)」など大型立佞武多3台がそろい踏みした
4月1日にリニューアルオープンする春楡(はるにれ)

 1月に東京ドームで行われた「ふるさと祭り東京2018」に出陣した五所川原立佞武多(たちねぷた)「纏(まとい)」が30日、五所川原市の立佞武多の館で再び組み立てられた。東京ドームにトラックで運ぶため、昨年11月に解体されてから4カ月余り。館内に勇壮な火消しの勇姿がよみがえり、大型立佞武多3台がそろい踏みした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)