国土交通省は30日、2018年度に津軽自動車道の未着手区間であるつがる柏インターチェンジ(IC、青森県つがる市)−同市木造越水間の「柏浮田道路」(12.3キロ)を新規事業として採択したと発表した。18年度当初予算に、道路建設のための測量や地質調査などを行う調査設計費として1億8千万円を計上した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)