ポーズをとって記念写真に納まる国際経済科の生徒ら

 青森県八戸市の八戸商業高校(久保敬悦朗校長)は13日、本年度で28年の歴史に幕を下ろす国際経済科の閉科式を同校で行った。全校生徒や同科の卒業生、教職員ら約450人が閉科を惜しみつつも、同科での取り組みを同校の飛躍につなげていくことを誓った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。