来春に3往復増発される「はやぶさ」=10日、新青森駅

 JR東日本は13日、来年3月14日にダイヤ改正を実施すると発表した。東北新幹線新青森-東京間で「はやぶさ」を3往復増発するほか、東京発仙台行き1本を新青森まで延長する。現在定期列車が18往復の新青森-東京間のはやぶさは、来春には上り21本、下り22本体制となる。関係者によると、東京-仙台間や盛岡以北の利用が好調なことが増発の背景にあるという。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。