東北運輸局は13日、青森県の多くのタクシー業者から申請のあった運賃値上げを認め、来年2月1日からの新運賃を公示した。小型車初乗りは現行の上限670円から下限630円(青森市中心の青森交通圏は590円)が、新運賃では670~640円となる。また、初乗りの距離や加算運賃1メーター分の距離を短縮する。今後、各業者がこの範囲内で自社の運賃を選択する。値上げ割合を示す改定率は車種全体で12.66%。青森交通圏が導入している初乗り距離を短くする代わりに運賃を低くする「初乗り距離短縮運賃」はやめる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から