市職員の個人情報が流出したとみられる問題で、報道陣の質問に答える桜田市長=13日午後0時半ごろ、市役所

 青森県弘前市職員約2700人分の個人情報とみられるデータが東奥日報社に寄せられた問題で、市は13日、市に寄せられた情報流出を指摘する匿名のメール5通は、流出の公表を促す内容が含まれていたと明らかにした。5通はヤフーのフリーアドレスなどを用い、全て異なるアドレスから送信されており、「流出したことを公表しないで隠すのですか?」「報道機関に発表して説明求めます」などの記述があった。桜田宏市長は報道陣の取材に対し、「メールは脅しをかけているような文書」との認識を示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)