完成したアンペそば。麺に練り込まれた岩のりや、トッピングのゴボウ、豆腐、鶏肉が特徴
お披露目会で、完成したアンペそばを味わう参加者たち

 食をテーマに地域活性化を目指す青森県藤崎町は、新しいご当地グルメとして、かつて同町にあった食堂で人気メニューだったラーメンをベースにした「アンペそば」を開発。27日、同町のふれあいずーむ館で完成お披露目会を開いた。岩のりを練り込んだ麺や、ゴボウや丸豆腐、鶏肉といった具が特徴だ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)