2020年1月に完成予定の板柳中学校のイメージ(板柳町教育委員会提供)

 青森県板柳町教育委員会は29日、東奥日報紙取材に対し、老朽化に伴い建て替えとなる新しい板柳中学校の完成予想図を公表した。県産のヒバやスギなどを使った木造2階建ての校舎で、屋根に張り出した窓から自然光をふんだんに取り入れる設計となっている。成田誠町長は取材に対し「新校舎は木の香りとぬくもりが感じられる木造校舎を目指す。子どもたちが快適に学べるよう環境を整備する」と述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)