自民党青森県連は13日、青森市の県連事務所で役員会を開き、同事務所が入居する県自由民主会館(青森市安方1丁目)を将来的に建て替える方針を決めた。ただ、費用の問題など検討課題が多く、建て替え時期や規模は「未定」とした。同会館は1970(昭和45)年に完成。築49年が経過し、老朽化が進行しているため、県連は10月に小委員会(委員長・江渡聡徳県連会長)を設置して改修について検討してきた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)