柔道の全国高校選手権、男子団体戦決勝で天理・中野(右)を攻める国士舘・斉藤=21日、日本武道館

 規格外の闘いぶりに衝撃が走った。柔道男子で五輪金メダリストの故斉藤仁氏(青森市出身)の次男、立(たつる)が21日の全国高校選手権で東京・国士舘高の大将を務め、優勝に導いた。底知れない可能性を示した1年生に、視察した関係者は「強いと聞いていたが、ここまでとは」と一様にため息を漏らした。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)