将棋グランドチャンピオン戦 15日、県最強懸け激突

 2019年の県将棋界最強者を決める第20回県将棋グランドチャンピオン戦(GC戦、県将棋連盟・東奥日報社・東奥日報文化財団主催)が15日午前10時から、青森市の日本将棋連盟青森支部道場で行われる。3年連続優勝を狙う小泉祐五段(青森市、アマ竜王・赤旗名人)をはじめ、県内主要棋戦で活躍した実力者8人が熱戦を繰り広げる。
 ほかに船橋隆一・五段(同、県名人・県有段者選手権者・朝日アマ名人)、蛯澤俊太四段(造道中3年、支部名人戦優勝、県有段者選手権準優勝)、工藤俊介五段(八戸市、県アマ名人)、田村純也五段(同、県アマ名人戦準優勝)、成田豊文四段(青森市、赤旗名人戦準優勝)、工藤麟太郎四段(青森高校2年)、木村恭司朗四段(三内中2年)が出場する。
 小泉五段は実力、実績ともに抜けており、今大会も優勝候補の筆頭。県名人戦で小泉五段を破った船橋五段、過去に優勝経験がある工藤五段らがどこまで迫れるかが注目。中高生3人の戦い方も見どころだ。
 GC戦は前回優勝者と、今年の県内主要棋戦の成績に応じたポイントランキングの上位7人が出場権を得る。ランキング2位の中川滉生五段(八戸市、県王将、支部名人戦・アマ竜王戦・朝日アマ準優勝)は出場を辞退した。