カブトムシの幼虫をガラス瓶に移す園児たち

 青森県深浦町のウェスパ椿山は26日、施設内の昆虫館で、カブトムシの成長を促すために幼虫を1匹ずつガラス瓶に入れる「床入れ式」を行った。招待された町内8保育園の園児34人が、大きく成長することを願いながら幼虫を瓶に移した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)