青森県八戸市は12日、市営バス路線の来年4月ダイヤ改正で中心街と旭ケ丘営業所を結ぶ妙線を廃止すると発表した。妙線の妙-野場間などは1便当たりの利用者が1~2人の不採算路線で、岩手県北自動車(盛岡市)が運行する南部バスがほぼ同じ経路を走ることから廃止を決めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から