笑顔で紫黒米の餅つきを行う上北小の児童

 青森県東北町の上北小学校(藤丸恵次校長)の5年生約70人が12日、町民文化センターで同町の名産である「紫黒米(しこくまい)」の餅つきを体験した。自分たちで収穫したおコメが鮮やかな紫色のお餅に変わる様子を、児童たちは目を輝かせながら見守った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)