県天然記念物に指定された「銀杏木窪の大銀杏」=2017年11月撮影、階上町道仏銀杏木窪(県教委提供)
「平のサイカチ」=2017年11月撮影、階上町角柄折平(県教委提供)

 青森県階上町にある「銀杏木窪(いちょうのきくぼ)の大銀杏(おおいちょう)」と「平のサイカチ」の2件について、県教委は26日の定例会で、県文化財保護審議会の答申通り、県天然記念物として新たに指定することを決めた。地域の暮らしに根付いた古木で、樹勢を保っている点が評価された。今回の指定で県文化財は280件に上り、このうち県天然記念物は40件になった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)