県環境影響評価審査会は26日、青森市の青森国際ホテルで会議を開いた。県は、今期の委員を務める学識者や専門家らに辞令を交付。新会長に佐原雄二・弘前医療福祉大学教授、新副会長に野尻幸宏・弘前大学大学院教授を選任した。委員の任期は3月1日から2年間。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)