雪上での練習を終え、肩を組んで笑顔を見せるトンガ人留学生のリサラ(左)とハニテリ=10日、青森市

 全国高校ラグビー大会が27日、東大阪市で開幕する。第99回となる青森県大会で初優勝を飾り、県代表として初の花園行きを決めた青森山田。原動力となったのは、2人のトンガ人留学生だ。ナンバー8のリサラ・フィナウ(17)とセンターのハニテリ・ヴァイレア(17)。将来の日本代表入りを目指す2年生コンビは「花園でしっかりアピールをしてきたい」と開幕を心待ちにしている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。