観光地でガイドした際の自らの経験談などについて意見交換する参加者

 大型クルーズ船が青森港に寄港するシーズンを控え、国家資格「通訳案内士」を持つ観光ガイドらで組織する「青森Michinoku通訳ガイドの会」(石戸谷正晴会長)の研修会が24日、2日間の日程で青森市で始まった。会員約20人が県内の観光地を見学しながら、情報交換をしたり、ガイドの技術を学んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)