県産素材を使った「大切な人に贈りたい できるだし」シリーズ

 食品加工を手がける静岡屋(八戸市)、久保田丸大(同)、柏崎青果(おいらせ町)の3社が、青森県産食材を使って塩分を抑えた贈答用のだし商品「大切な人に贈りたい できるだし」を開発した。大間産マグロや今別産マコンブなどからだしを取った高級感のある味わいが特徴。3社の代表者が23日、県庁で商品を披露した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)