青森県むつ市の宮下宗一郎市長は10日の市議会一般質問で、同市の使用済み核燃料中間貯蔵施設に搬入される同燃料へ今後県が課税した場合に触れ「今の仕組みでは、県の増収分はむつ市には1円も入ってこない」と不満を示した。その上で、現在市が検討している同燃料への新税について「将来まで市民が希望を持てる地域にするための、最初で最後のチャンスだ」と、改めて意義を強調した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)