日本原燃の工藤健二社長は22日、昨年10月から中断している六ケ所再処理工場の安全審査に関し「今後、再開を原子力規制委員会に申し出たい」との意向を、青森県議会の原子力・エネルギー対策特別委員会で表明した。改善活動の進展を踏まえ、4月にも審査再開を申し入れるもよう。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)