旧邸宅に残されていた源右衛門から傍島柾之助に宛てた手紙
津島家旧邸宅に残されていた「青んぼ」
4日には資料を見ながら齋藤館長(右から3人目)によるギャラリートークが行われた

 青森県五所川原市金木町出身の小説家・太宰治の生家津島家に関する貴重な資料などを展示した「太宰治と奥津軽」が22日まで、中泊町博物館特別展示室で開かれている。太宰の父で貴族院議員などを務めた津島源右衛門の書簡や斜陽館が完成する前の旧邸宅の間取り図などが来場者の目をひいている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)